日焼けから肌を守ろう|母乳育児がしやすい授乳服|オシャレも叶えてくれる優れもの

母乳育児がしやすい授乳服|オシャレも叶えてくれる優れもの

手

日焼けから肌を守ろう

ママと赤ちゃん

紫外線の浴びすぎに注意

現在は、過去に比べて年々気温が上昇しつつあり、特に夏場は猛暑日の日数が増えています。そのため、紫外線による肌へのダメージも以前より強くなってきており、特に小さな赤ちゃんに対するスキンケアは重要です。以前は、適度に日光を浴びることはビタミンDの生成に繋がるため、骨や体を丈夫にすると言われていました。しかし、上記に説明したように、紫外線が強くなっているため、日焼け止めを赤ちゃんにも使用する必要がでてきています。そのため、最近は肌の弱い赤ちゃんでも塗ることができる日焼け止めが多数販売されており、人気を集めています。紫外線の浴びすぎは長期的に見て良くないという知識が広まっていることから、日焼け止めを買う人が増えているためです。

歩き始めたら考えよう

日焼け止めはいつ頃から赤ちゃんに塗ってあげれば良いのか悩むお母さんはたくさんいます。基本的に、いつでも使用は可能ですが、積極的に塗るのは歩き始めてからで良いです。まだ歩けない赤ちゃんであれば、それほど紫外線を浴びる時間も少ないです。しかし、歩くようになると、帽子を被っていてもどうしても肌が紫外線を浴びる時間が多くなってしまいます。また、子供はすぐに汗をかきますので、数時間置きにこまめに日焼け止めを塗ることが大切です。もし、日焼け止めにより肌が赤く腫れ上がったり、湿疹ができてしまったら、使用を一度やめるようにします。皮膚科を受診して、一度相談してみることも大事です。赤ちゃんのデリケートな肌を守るためにも、日頃からスキンケアを意識していくことが大切です。